【観光】ピンクや紫色、ツツジが姫の沢公園彩る シャクナゲも鮮やか


「花まつり」開始中の熱海市の姫の沢公園で、早咲きのツツジ約6万株が見頃を迎えた。鮮紅、紅紫、白、ピンクの花が新緑の山肌を鮮やかに染め、緑の葉に花の絨毯(じゅうたん)が広がった。ツツジ山の斜面には「ヒメノサワ」の花文字が浮かび上がり、彩りを添えている。同公園には丘陵地形を生かして淡いピンクの日本シャクナゲや白や赤色の西洋シャクナゲが約500本植栽されており、訪れた人の目を引いている。
スイレン池の上空には、約100メートルのロープに41匹のこいのぼりがツツジを背景に元気に泳ぎ、来園者はツツジ山を歩いたり、写真に収めたりしてGWを楽しんでいる。
写真=5月3日撮影(熱海ネット新聞)
問い合せ☎0557-83-5301姫の沢公園施設事務所





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  2. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
  3. 2021-10-23

    静岡6区、第3の候補「維新山下氏」が熱海で街頭演説

    10月31日投開票の衆院選静岡6区に立候補した日本維新の新人の山下洸棋氏(30)が10月22日、熱海…
  4. 2021-10-22

    起雲閣でモロッコ•フェズ刺繍作家・中山奈穂美さん作品展 ART EXPO始まる

    東京都と熱海市の双方に住まいを持つ「二拠点生活」を続けながら、都内でモロッコ伝統の「フェズ刺繍(しし…
ページ上部へ戻る