【経済】初島港に待望の「展望休憩施設」、事業費は総額約2億円


熱海からの客船が発着する熱海市の初島港で、休憩施設などの観光施設整備が進められている。展望デッキなどを備えた観光客らの休憩施設やイベント広場を整備し、完成後はGW恒例の「ところ天「祭り」もここで開催する。首都圏に最も近い有人島の初島には、これまで観光客の休憩施設がなかった。島民からのつよ強い要望を受けて熱海市が建設するもので、事業費は県の補助を含めて約2億円。本年度は埋め立て地の造成を行い、来年度に休憩施設などを整備する。オープンは2019年春の予定。
展望デッキからは熱海市街や富士山、湘南海岸、首都圏も見渡せる。新たな熱海の観光スポットとして期待されている。
◆初島交流広場整備事業 埋め立てた約1400平方メートルに鉄骨2階建て・延べ床面積約600平方メートルの休憩施設、220平方メートルのイベント広場、バスが回転できるロータリーなどを造る。完成後の管理運営については今後、初島区や漁協などと協議して決める。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る