【社寺】伊豆山神社、6月30日に「夏越の大祓」 参道階段でアジサイ見頃 


837階段で知られる熱海市の伊豆山神社参道で、アジサイが見頃を迎えている。梅雨入りの後、続いた雨で一層色づきが濃くなっている。同神社では、6月30日午後4時から「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」を斎行する。大祓は、日常生活において知らず知らずに犯している罪や穢(けが)れを、半年ごとに祓い清め、清らかな姿に立ち戻らんとする平安期から続く神事。社前に「茅の輪」を設け、原口尚文宮司が絹や麻の布を引き裂いて魔物が嫌うとされる「衣擦(きぬず)れの音」を響かせ、除災を祈願したあと、参列者が古式に従い三度、茅の輪をくぐる。熱海の夏の風物詩。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る