【文化】「第20回岡田茂吉賞」 大賞に林曉氏、漆芸の造形に斬新手法


MOA美術館は6月27日、同美術館が主催する「第20回岡田茂吉賞」の大賞(副賞200万円)に漆芸の林曉(はやし・さとる)氏(63)=富山大学教授=が決定したと発表した。陶磁、染織、漆芸、金工、木竹工、人形など工芸の分野で優れた作家・作品を選び顕彰するもので、2年に1度開催される。美術界の第一線で活躍する研究者や工芸家に推薦された作家17人の作品を審査し、造形手法のプロセスにコンピューターを用いた先端技術の造詣の豊かさが評価された。
受賞記者会見で林氏は「すべての作品にコンピューターを使うわけではないが、乾漆蓮花食籠(かんしつれんかじきろう)はデザインにコンピューターを介したほうがいいと考えた。伝統工芸にコンピューターを介していいものかどうか、というそもそもの問題はあるが、せっかくこの時代にそうした技術が手に入る中で、途中のプロセスとして使った。工芸の分野はいろんな要素を含み、素材、技法、歴史の背景などたくさんのものを含み成り立っている。神様に対し、この時代のレポートを書いている感覚で制作した」と話した。
大賞受賞作品ならびに候補として推挙された17作家の作品49点は9月1日から10月24日まで「MOA美術館リニューアルオープン記念第6弾」として同美術館で展示される。
(熱海ネット新聞)
◆林曉氏の出展作品「乾漆蓮花食籠(かんしつれんかじきろう)」2017年、乾漆朱漆合子「螺」(かんしつしゅぬりごうす ら)2014年、栓造朱溜塗組皿(せんづくりしゅためぬりくみさら)2015年


左から審査員の漆芸家・室瀬和美氏、林曉氏、内田篤呉MOA美術館館長








MOA美術館創立者の岡田茂吉氏

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
  2. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  3. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  4. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
ページ上部へ戻る