【国交省】熱海港エリア調査費に1500万円、伊豆箱根の「海の玄関口」整備

国土交通省は6月29日、民間の設備投資と一体で進めるインフラ整備を支援する「官民連携による基盤整備推進調査費」の平成29年度2回目の配分先として熱海市、静岡市、中津川市(岐阜)、新宮市、御坊市(ともに和歌山)5件の事業を決めた。熱海市が実施する調査事業費3000万円のうちの1500万円で、国が2分の1を補助する。市はこの事業費で熱海港の賑わい創出による「伊豆箱根地域観光拠点(海の玄関口)形成のための基盤整備検討調査」を行う。
大型クルーズ船受け入れは、伊豆半島で2万トンクラスの船が入港できるのは熱海港だけだが、現状では「にっぽん丸」(全長166・65メートル、2万2472トン)がぎりぎり。そこで西側の公園を削るなどして海外の巨大クルーズ船が着岸できるよう整備し、誘致を目指す。合わせて客船ターミナルの設置や観光バスの往来に伴う臨海道路の改修、熱海海釣り公園駐車場への民間宿泊施設建設などを調査検討する。
また水産施設の再編や熱海サンビーチの通年利用、後背地を含めたまちづくり構想を策定する。
(熱海ネット新聞)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る