【観光】今年はウオーターバルーンでも楽しんで ムーンテラスに水上遊具

人気の水上遊具「ウオーターバルーン」(主催ウオーターバルーン熱海)が7月22日から熱海ムーンテラスで営業を開始するのに合わせ、21日、熱海市民を対象に無料開放された。気温32度の強い日差しの下、多くの親子連れなどが一足先に夏の海を楽しんだ。ウオーターバルーンは、直径2・5メートルほどのビニール製の球体の遊具。球の中に入り、水上を漂う感覚や水中遊歩を楽しめ、全国で人気を集めている。3歳以上限定。未就学児は保護者の同伴がいる。定員は3人(合計体重120キロ)まで。料金は子ども、大人とも700円(4分間)。
熱海市観光協会は同じく22日からサンビーチで営業を始める海上アスレチック「ウオーターパーク」との相乗効果を期待している。
(熱海ネット新聞)












関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る