【観光】網代温泉「ふる里祭り・盆踊り」、市民・観光客が踊りの輪




熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ2500人が盆踊りを楽しんだ。大縄公園中央に組まれたやぐらにちょうちんが飾られ、宿泊客が浴衣姿の市民と輪を作り、地元の創作舞踊「南条流」(南条久美香会長)の会員たちとにぎやかに踊った。盆踊りの曲というと「炭鉱節」や「東京音頭」が定番だが、網代温泉では三波春夫さんが歌う「熱海音頭」、都はるみさんが歌う「アジの開きの三度笠」が良く使われる。ともに熱海市内の温泉が絶頂期に制作したものだ。
網代温泉観光協会の主催で32回目。開幕セレモニーで川口健会長が「以前は熱海、伊豆山、多賀、網代の市内各地で聞かれた盆踊りですが、現在も続くのは『ふる里祭り』だけ。網代温泉ならではの昭和レトロな盆踊りを楽しんでほしい」とあいさつした。
■スイカ割り、手持ち花火に子どもたちが歓声
毎年人気のスイカ割りでは子供たちが列をつくり、目隠しをして挑戦。割れたスイカは川口会長らが切り分けて来場者にふるまった。手持ち花火大会、昔懐かしい金魚すくいや輪投げ、ヨーヨー釣り等の縁日コーナーもあり、思い思いに楽しんだ。熱海や多賀が大人を対象とした「ビール祭り」に力を注ぐ中、江戸時代から知られる漁師町の網代温泉は伝統を受け継ぎ、ぶれることなく家族連れの誘客に力を注いでいる。
盆踊りは15日も繰り広げられ、16日は網代湾で網代湾海上花火大会(午後8時20分~)がある。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
動画はコチラ熱海音頭網代
動画はコチラアジの干物の三度傘
■開催時間 午後7時~9時
■問い合わせ 網代温泉観光協会☎0557-68-0136












関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  2. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  3. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  4. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
ページ上部へ戻る