【市政】まちづくり審議会、5年ぶりに発足 委員7人に委託状を交付


第7回熱海市まちづくり審議会が8月22日、市役所で開かれ、齊藤栄市長が委員7人に委託状を交付した。市は2005年に策定した都市計画マスタープランの改定作業を15年から進めており、今年度中にまとめる方針。これに伴い、5年ぶりに同審議会を新たに発足させ、11月末までにまちづくり基本計画をまとめ、市長に答申する。委員は下記の通り、任期は2年。
会長=川口宗敏(静岡文化芸術大学名誉教授▽副会長=伊藤光造(NPO法人くらしまち継承機構理事長▽委員=大久保あかね(日本大学教授)、永山百歓(三島永山法律事務所弁護士)、秋山貴(県建築士会熱海地区)、榎本光作(県宅地建物取引業協会)、小松久男(熱海商議所専務理事)
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 生観覧は1万2千人  ライブ配信が奏功

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
  2. 2020-8-5

    熱海市でさらに2人コロナ感染 1人は県外通勤者 クラスターとは無関係

    静岡県は8月5日、熱海市内で新たに2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。ともにクラスターが…
  3. 2020-8-5

    熱海市、接客業従業員のPCR検査8割助成 店名公表は協力金10万円支給

    新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、熱海市は8月5日、飲食店や宿泊施設、タクシーなど接客に…
  4. 2020-8-5

    【お悔やみ】山田チエさん(熱海市西熱海町)8月3日死去

    山田チエさん(やまだ・チエ)8月3日死去、98歳。熱海市西熱海町。出棺7日午前11時、熱海葬祭中央…
ページ上部へ戻る