【文化】夏の大三角…木星の縞模様も 十国峠駅で「星空・惑星観察会」






熱海市と函南町にまたがる十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)の山頂駅で8月25日、「星空・惑星観察会」が始まった。午後6時半からレストハウス2階で月光天文台(函南町)の渡邊裕彦台長が当日の星空の位置や観察ポイントを説明。午後7時に屋外の広場に出て、2台の天体望遠鏡を使って月、惑星、星雲、天の川などの天体を観察した。四日月(月齢3・5)の左横に位置した木星からは縞模様が確認でき、感嘆の声が漏れた。
夏ならではの、織姫星(こと座のベガ)、彦星(わし座のアルタイル)、デネブ(一等星)が描く「夏の大三角」は、肉眼でもクリアに見ることができ、初日は104人が夏の星空を満喫した。26日と27日も開催。ケーブルカーの往復運賃(大人720円、子供360円)だけで参加できる。
(熱海ネット新聞)





山頂のレストハウスではコーヒー(100円)、三島コロッケ(150円)も販売

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る