【社寺】御殿稲荷神社で「秋祭り」 講員、地域住民が除災招福を祈願 









熱海市役所の第3庁舎入口に鎮座する「御殿稲荷(いなり)神社」で9月17日、秋祭りがあった。雨宮盛克宮司が神事を執り行い、祝詞を奏上したあと、同神社の講元・杉崎明さん、池田重樹新宿町内会長らが玉串を奉てんし、家内安全、熱海市の発展などを祈願した。杉崎さんは「台風の接近で心配したが、ここだけ天候が回復し、ぶじ終えることができてよかった」。池田会長は「御殿稲荷神社は町内で管理し、毎年2月に初午(はつうま)祭、9月に秋祭りの準備をし、実施している。協力してご奉仕を続けていく」。参拝者は住民の心のよりどころとなっている御殿稲荷の神様に感謝するとともに、同神社前の岡本ホテル跡地の再整備事業が、早期にいい方向に進むことを祈った。
(熱海ネット新聞)
◆雨宮盛克宮司 奉仕と勤めの心で準備していただき、心地よく秋のお祭りができた。皆様の生活の安泰、繁栄、健康と災いなく、生活が穏やかであることを祈念した。
■御殿稲荷(ごてんいなり) 江戸幕府三代将軍・徳川家光は、家康が大湯の温泉で湯治した熱海に湯治御殿(熱海御殿)を造らせた。その際、御殿の鬼門除けのために京都伏見神社より分祀して建立。昭和38年(1963年)、新宿町御殿稲荷溝の講員や有志により修復。平成24年(2012年)、熱海市役所の建て替えにあわせて講員、新宿町内会が社、棚、石垣を改修して塗り替えた。
■講(こう)同じ目的で参拝する集まり。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-19

    熱海富士、12日目で念願の十両勝ち越し V争いでは1差で追走

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)12日目の5月19日、十両2場所目の熱海富士(伊勢ヶ濱)は、大翔鵬(…
  2. 2022-5-19

    【お悔やみ】橋本政夫さん(熱海市小嵐町)5月16日死去

    橋本政夫さん(はしもと・まさお)5月16日死去、85歳。熱海市小嵐町。通夜19日午後6時。告別式20…
  3. 2022-5-19

    自民・阿達参院議員 20日午後6時〜熱海芸妓見番で国政報告会 

    自民党の阿達雅志参議院議員(全国比例)は、5月20日午後6時から熱海芸妓見番で国政報告会を開く。自民…
  4. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
ページ上部へ戻る