【社寺】御殿稲荷神社で「秋祭り」 講員、地域住民が除災招福を祈願 









熱海市役所の第3庁舎入口に鎮座する「御殿稲荷(いなり)神社」で9月17日、秋祭りがあった。雨宮盛克宮司が神事を執り行い、祝詞を奏上したあと、同神社の講元・杉崎明さん、池田重樹新宿町内会長らが玉串を奉てんし、家内安全、熱海市の発展などを祈願した。杉崎さんは「台風の接近で心配したが、ここだけ天候が回復し、ぶじ終えることができてよかった」。池田会長は「御殿稲荷神社は町内で管理し、毎年2月に初午(はつうま)祭、9月に秋祭りの準備をし、実施している。協力してご奉仕を続けていく」。参拝者は住民の心のよりどころとなっている御殿稲荷の神様に感謝するとともに、同神社前の岡本ホテル跡地の再整備事業が、早期にいい方向に進むことを祈った。
(熱海ネット新聞)
◆雨宮盛克宮司 奉仕と勤めの心で準備していただき、心地よく秋のお祭りができた。皆様の生活の安泰、繁栄、健康と災いなく、生活が穏やかであることを祈念した。
■御殿稲荷(ごてんいなり) 江戸幕府三代将軍・徳川家光は、家康が大湯の温泉で湯治した熱海に湯治御殿(熱海御殿)を造らせた。その際、御殿の鬼門除けのために京都伏見神社より分祀して建立。昭和38年(1963年)、新宿町御殿稲荷溝の講員や有志により修復。平成24年(2012年)、熱海市役所の建て替えにあわせて講員、新宿町内会が社、棚、石垣を改修して塗り替えた。
■講(こう)同じ目的で参拝する集まり。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る