【文化】芸術の秋、熱海梅園はアート色 全国からクラフト作家が64店









「熱海芸術祭」の一環で「アート・クラフトフェスティバル」(実行委員会主催)が10月20日、熱海梅園で始まった。全国から集まったクラフト作家64人が個人や合同でブースを出店。木工、陶芸、手芸、ガラス工芸、布染め物、アクセサリー、藍染め、ニットなどの手作り作品を並べ、来園者は作家と会話を交わしながら品定めし、ゆったりと買い物を楽しんだ。5回目の開催で今年は熱海市市制80周年記念行事として行っている。
山田屋水産の人気おでんなど、市内を代表する飲食店のそば、パン、洋菓子、コーヒーなどの販売もあり、散策しながら工芸作品とともに食を楽しむこともできる。初日は雨が降ったりやんだりの天候にもかかわらず、気鋭の作家のハンドメード作品を楽しみにしていた人々が、市内外から訪れた。台風22号の接近で22日までの予定を1日早め、21日で終了した。
問い合わせは☎090-2246-7733(事務局・鎌苅)
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る