【市政】火災被害者の市営住宅一時使用へ 熱海市が救済支援

12月10日に熱海市小嵐町であった住宅火災で、熱海市が被害を受けた市民に対し、市営住宅の一時使用を許可する方針を固めた。今回の火災では、けが人がなかったものの、住宅6棟を全焼、1棟が半焼し、企業の保養施設1棟の窓ガラスや住宅のトタン屋根などを焼いた。11日の市議会観光建設公営企業委員会で田中秀宝委員長が「厳しい寒さの時期でもあり、一時的に市営住宅を提供するなど、市としても被災者にできる限りの対処をしてほしい」と協力を求めた。市当局は「現在、すぐに使用できる空き住宅は3部屋ある。ただ給湯設備の問題もあり、その辺を検討したい」と支援を約束した。
出火元と思われる家は、出火当時、留守だったことから、市消防本部と熱海署は11日も現場を再検分し、詳しい出火原因を調べている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-6

    2022年最大の熱海海上花火大会 「ドドーン」豪快響き、夜空彩る

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第2弾が8月5日、熱海湾を舞台に繰り広げられた。午後8時20分…
  2. 2022-8-5

    3年ぶりに開催、初島・熱海間団体競泳大会 優勝は神奈川県水泳連盟

    「第75回初島・熱海間団体競泳大会」(熱海市主催、同市体育協会主管)が8月4日、熱海湾で開か…
  3. 2022-8-5

    市長選「チームみずほ」旗揚げ 泉明寺みずほ後援会が事務所開き

    熱海市長選(9月4日告示、11日投開票)に出馬を予定している新人で市議の泉明寺みずほ氏(51…
  4. 2022-8-5

    第二小5年の安斎くん、市長に優勝報告 静岡県学年別柔道大会V

    5月に静岡県武道館(藤枝市)で開かれた「第19回県小学生学年別柔道大会」(主催・静岡県柔道協…
ページ上部へ戻る