【市政】火災被害者の市営住宅一時使用へ 熱海市が救済支援

12月10日に熱海市小嵐町であった住宅火災で、熱海市が被害を受けた市民に対し、市営住宅の一時使用を許可する方針を固めた。今回の火災では、けが人がなかったものの、住宅6棟を全焼、1棟が半焼し、企業の保養施設1棟の窓ガラスや住宅のトタン屋根などを焼いた。11日の市議会観光建設公営企業委員会で田中秀宝委員長が「厳しい寒さの時期でもあり、一時的に市営住宅を提供するなど、市としても被災者にできる限りの対処をしてほしい」と協力を求めた。市当局は「現在、すぐに使用できる空き住宅は3部屋ある。ただ給湯設備の問題もあり、その辺を検討したい」と支援を約束した。
出火元と思われる家は、出火当時、留守だったことから、市消防本部と熱海署は11日も現場を再検分し、詳しい出火原因を調べている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る