【経済】豪華寝台列車「トランスイート四季島」、大晦日に熱海駅に停車

JR東日本が今年5月から運行を始めた豪華寝台列車「トランスイート四季島」が大晦日に、初めて熱海駅に停車する。午後1時30分ごろに到着し、乗客がMOA美術館を見学する予定だ。入線する2番ホームでは、齊藤栄市長をはじめ、市観光協会関係者が出迎える。
熱海駅の停車は、12月31日~元日に運行する特別コース。午前9時50分ごろに上野駅を出発し、熱海を経由して横須賀駅で年越しを迎える。翌朝、鹿島神宮駅で降車てし初詣をし、夕方に上野駅に戻るルートだ。価格は1人45万~65万円と高額だが、定員34人に対し10倍の応募がある人気だったという。
(熱海ネット新聞)
■四季島 四季島は、シャンパンゴールド色の高級感のある車体が特徴。17の客室すべてがスイートで、食堂車では沿線各地の食材を使った料理を提供する。通常は北海道や東北方面の3泊4日コース、甲信越方面の1泊2日コースを運行している。10両編成。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-27

    紅葉色づく庭園 30日まで秋の一般公開 熱海・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月30日まで「秋の一般公開」(2…
  2. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  3. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
  4. 2022-11-24

    稲穂を手に「豊栄の舞」奉納 新穀感謝祭・新嘗祭/来宮神社

    来宮神社の新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が11月23日、本殿で斎行された。神社総代や祭典…
ページ上部へ戻る