【社会】犯罪被害抑止に切り札投入!熱海署マスコット「110マン」デビュー


日本全国の警察署で独自のキャラクターを活用した防犯、広報活動が広がっている。熱海署(奥田交治署長)にも独自キャラ「110(ひゃくとお)マン」が誕生、「110番の日」の1月10日、熱海駅前でお披露目された。
熱海市の昨年の犯罪件数は過去史上最少で、交通事故死亡ゼロ日数も775日(1月10日現在)で継続中。日本有数の安心安全のまちとして知られるが、65歳以上の人口が約45%を占めることから、特殊詐欺被害は前年より1件増え、被害額は642万円。息子や警察官を騙(かた)る不審な電話も後を絶たない。「見せる活動」で犯罪の減少に取り組む同署は署員が手作りした「110マン」を署のイベントなどに投入することで地域住民との距離を短縮。警察活動に関心を高めてもらい、振り込め詐欺など犯罪被害抑止に努める。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る