【文化】尾崎紅葉しのび筆供養/筆塚のある湯宿一番地(旧志ほみや旅館)



熱海の名を全国に知らしめた名作「金色夜叉」の作者で明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚保存会主催)が1月17日、熱海市春日町の湯宿一番地(旧志ほみや旅館)で開かれた。来宮神社・雨宮盛克宮司の神事に続いて参列者が玉串を捧げ、筆塚保存会会長の榛葉公孝同旅館社長があいさつし、功績をたたえた。齊藤栄市長、川口健市議会議長、原規公熱海市町内会長連合会東部地区会長、中島幹雄、森田金清新旧熱海市観光協会会長、市議、町内会、地元周辺商店街の関係者など50人が参列し、文豪の遺徳をしのんだ。
例年は、同旅館前にある筆塚前で開催されるが、今年は雨天のため、同旅館2階で開催した。
(熱海ネット新聞)
◼筆塚 尾崎紅葉が生前 、愛用していた筆が祀(まつ)られている。昭和7年(1932年)建立。
◼筆塚保存会=東田原町、田原町、田原本町、桃山台町、桃山町の5町内会の保存会メンバーで構成。昭和28年に始まり、今年で65回目。


筆塚保存会・榛葉公孝会長


齊藤栄市長


川口健市議会議長


原規公熱海市町内会長連合会東部地区会長


熱海仲見世振興会・椎野文夫会長



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る