【編集室】昨年末の総人口3万7510人 1年間で545人減少/熱海市

熱海市は昨年12月末現在の地区、月別人口及び世帯数を公表した。総人口は3万7510人(男性1万6968人、女性2万0542人)で前月比で13人減少した。15人が出生し、64人が死去。転入が190人、転出が154人。
一昨年末の総人口は3万8055人。昨年1年間で545人が減少した。一方、世帯数は1年間で229増えた。熱海市は堅調に転入超過(2017年361人)が続いているにもかかわらず、人口が減少するのは県内の市で最も高い高齢化率(65歳以上の人口45・5%)と県内の市で最も低い出生率(人口1000人あたり3・3人)が足を引っ張るという実に分かりやすい構図。この10年間で約3700人が減少しており、そのスピードは早まるばかり。少子化対策が急務-。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■転入超過 一定期間における転入数が転出数を上回っている状態。全国に1719ある市町村のうち、転入のほうが多いのは424市町村。転入超過数が一番多いのは「東京都特別区部(23区)」。県内では浜松市(年間615人)、磐田市(同596人)に次ぎ熱海市が3位。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-26

    「ホタル」の夜間飛行始まる 熱海梅園でいくつもの光跡確認

    「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日〜12日)を前に5月26日夜、熱海梅園の園内を…
  2. 2022-5-25

    9月市長選 斎藤市長、出馬の明言避ける 百条委員会の結論待って断 

    熱海市の齋藤栄市長は5月24日、今年9月13日に4期目の任期を満了する熱海市長選(9月4日告示、11…
  3. 2022-5-25

    熱海梅園で梅の実を収穫800キロ、梅干しや梅まんじゅうに活用

    熱海梅園で5月23日〜25日、梅干しや梅まんじゅうに使う梅の実の収穫があった。園内には60品…
  4. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
ページ上部へ戻る