【市政】今春市内の小学校入学者は160人、前年度より18人減少

少子化対策に取り組む熱海市の齋藤栄市長は、今春市内の小学校に入学する160人にクレヨンをプレゼントした。内訳は第一小30人、第二小44人、多賀小58人、伊豆山小10人、桃山小10人、網代小2人、泉小6人、初島小0人。前年度から18人下回った。網代小はアルマーニの制服で話題となった東京・銀座の中央区立泰明小学校と同じく他学区からでも入学できる特認校。少人数を生かして英語教育に力を入れている。
クレヨンの贈呈は、これまで親切運動推進協議会が行ってきたが、今年から市が引き継いだ。
(熱海ネット新聞)
写真=小嵐保育園児

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 あす27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
  2. 2022-1-26

    熱海市の新規コロナ感染者14人 県内では過去最多の1467人=1月26日

    静岡県と熱海市は1月26日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  3. 2022-1-26

    史上初、熱海市出身の関取誕生 熱海富士の新十両昇進が決定

    日本相撲協会は1月26日、大相撲春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き…
  4. 2022-1-26

    KEIRINグランプリで募った土石流災害義援金 丸山啓一静岡支部長届ける

    日本競輪選手会静岡支部の丸山啓一支部長(47)が1月25日、熱海市役所を訪れ、伊豆山土石流の義援金3…
ページ上部へ戻る