【予算案】5部1委員会に各5千万円枠、今年度も「重点施策推進枠」3億円

2018年度熱海市の予算編成では、前年度に続いて齊藤栄市長が掲げる車の両輪「日本でナンバー1の温泉観光地づくり」「住まうまち熱海づくり」の施策推進へ、3億円の「重点施策推進枠」を初めて設けた。公営企業を除く5部1委員会にそれぞれ5000万円、総額3億円の特別枠。各部課長に企画立案させることでリーダーシップの向上を図るのが狙いで2月15日、公表した。
斉藤栄市長と森本要副市長が1月5日から16日までの間に各部課から提出された予算要求について聞く「2役ヒアリング」を行い、採用事業案を決めた。
(熱海ネット新聞)






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る