【市政】「マンホール蓋」活用で観光振興 貫一お宮、芸妓デザイン/熱海市

熱海市は、市制80周年事業の一環として「マンホール蓋(ふた)」を活用した観光振興に乗り出した。「梅と芸妓」「貫一お宮」の2種類を製作し、9カ所づつ設置(計18枚)していく。第一弾として2月6日に来宮駅前に「梅と芸妓」を設置。13日にはお宮の松近くの国道135号歩道に「貫一お宮」を設置した。残りの16枚は3月末までに順次設置する。事業費は約600万円。
併せて市は全国的に人気が高まっている「マンホールカード」を来年度に作製し、誘客の振興につなげていく。同カードは国の下水道広報プラットフォーム(GKP)が企画監修するマンホール蓋のコレクションアイテム。マンホール蓋を管理する都道府県・市町村とGKPが共同で作成。現在、全国252自治体が293種のカードを無料配布しており、「マンホーラー」と呼ばれる愛好家のコレクターが心待ちしている。
(熱海ネット新聞)



JR来宮駅前



お宮の松近くの国道135号歩道

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  2. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  3. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  4. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
ページ上部へ戻る