【社寺】熱海の良質な上水道に感謝、安定供給願う/明水神社例大祭




水の神様で知られる熱海市西山町の「明水神社」で4月10日、熱海管工事工業協同組合(櫻井清生理事長)が主催する春季例大祭が開かれた。
熱海市の良質な水質を誇る水源に感謝し、安全な水の安定供給を祈願するもので、森本要副市長、川口健市議会議長、竹部隆西山町内会長(副議長)、大舘節生熱海建設協会会長、中田義則市公営企業部長など40人が参列。来宮神社の雨宮盛克宮司が神事を執り行い、この1年、水道が市民や観光客に安定供給できたことに感謝し、新たな1年のご加護を願った。
■明治42年に給水開始、全国で17番目の早さ
同神社は、現在の第一小学校の土地に西山上浄水場があった頃、京都府宮津市の籠(この)神社からご神体を分けてもらい、1938年(昭和13年)に祀(まつ)られた。その後1955年(昭和30年)に約500メートル山側の現在の地へ社殿を移し、熱海市の水道の守り神になっている。東京の奥座敷だった熱海の上水道は1909年(明治42年)に給水を開始。全国市町で17番目の早さだった。
櫻井理事長と同組合のメンバーは今年3月、京都の籠(この)神社を参拝し、水の安定供給を祈念してきた。
(熱海ネット新・松本洋二)
参列者 森本要副市長、川口健市議会議長、竹部隆同副議長、田中秀宝、稲村千尋、杉山利勝、越村修、金森和道、小森高正(以上市議=観光福祉公営企業委員会)、中村浩正下松田町内会長、小松正一笹良ケ台町内会長、大舘節生熱海建設協会会長、中田義則市公営企業部長、櫻井清生熱海管工事工業協同組合理事長など。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る