【社寺】参道の837石段、4基の神輿が厳かにお下り/伊豆山神社例大祭


熱海市の伊豆山神社例大祭の本祭が4月15日、同神社で斎行された。例大祭神事は午前10時から本殿であり、静岡県神社庁庁長の櫻井豊彦静岡浅間神社宮司が神社本庁から伊豆山神社の例大祭に捧げられた幣帛料(へいはくりょう)を供進する使者を、松本義廣氏が氏子幣帛使を務め、原嘉孝宮司が拝殿に備えて熱海の繁栄と恒久の平和を祈願した。
神事では原宮司の祝詞奏上に続き、神女舞と実朝の舞を奉納。大舘節生総代会長、当番町総代の當摩達夫代表、齊藤栄市長、川口健市議会議長、藤曲敬宏県議、奥田交治熱海警察署長、泉明寺みずほ今宮神社宮司らが玉串を捧げた。
■宮神輿は395年前、家光公将軍就任の年に制作
呼び物の「神輿(みこし)下り」は、神幸祭のなかの発輿祭に続いて行われた。獅子を先導に伊豆山岸谷(西殿神輿)、伊豆山仲道(本殿神輿)、伊豆山浜(東殿神輿)の順で烏帽子、白装束姿の氏子が担ぐ3基の御輿の神幸行列が出発。3基の宮神輿は徳川家光が3代将軍に就任した元和(げんな)9年(1623年)の製作で、395年の歴史を持つ。その後に深い緑色の装束をまとった伊豆山御鳳輦(厄年奉賛会)「伊豆山巽剛一會(いずさんたつみごういちかい)」(小松剛正会長)の神輿が続いた。
それぞれの神輿は足元を確かめるように慎重に厳かに歩みを進め、海岸近くの下宮(しもみや)までの全837段のうち、664の石段を勇壮に下り、集まった市民や観光客を沸かせた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)


原嘉孝宮司の祝詞奏上


大鳥居素禰宜



幣帛使・櫻井豊彦静岡県神社庁庁長(中央)


大舘節生総代会長(左)と松本義廣氏子幣帛使


伊豆山岸谷(西殿神輿)


伊豆山仲道(本殿神輿)


伊豆山浜(東殿神輿)


伊豆山巽剛一會

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る