薄紫色の花咲き誇る、自生のフジが甘い香り/熱海市・笹良ケ台バス停付近

熱海市街から姫の沢公園に向かう笹良ケ台バス停上の糸川起点付近に自生するフジの花が見ごろを迎えた。房状に垂れ下がった薄紫色の可憐な花がほのかな甘い香りを漂わせ、西熱海ゴルフコースや姫の沢公園に向かうレジャー客の目を楽しませている。安全なところに車を止めてしばしの森林浴、リフレッシュする人もいる。日一日と咲く花が増えており、GWの後半まで見ごろが続く。
(熱海ネット新聞)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    熱海梅園もみじまつりの人出3万2259人 前年比32%増

    熱海市観光協会は12月6日、「熱海梅園もみじまつり」(11月13日~12月5日)の人出をまと…
  2. 2021-12-6

    熱海土石流で熱海署、殺人容疑の告訴状受理 未必の故意捜査へ

    熱海市伊豆山で26人が死亡、1人が行方不明になっている土石流災害で、静岡県警熱海署は12月6日、土石…
  3. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  4. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
ページ上部へ戻る