薄紫色の花咲き誇る、自生のフジが甘い香り/熱海市・笹良ケ台バス停付近

熱海市街から姫の沢公園に向かう笹良ケ台バス停上の糸川起点付近に自生するフジの花が見ごろを迎えた。房状に垂れ下がった薄紫色の可憐な花がほのかな甘い香りを漂わせ、西熱海ゴルフコースや姫の沢公園に向かうレジャー客の目を楽しませている。安全なところに車を止めてしばしの森林浴、リフレッシュする人もいる。日一日と咲く花が増えており、GWの後半まで見ごろが続く。
(熱海ネット新聞)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  2. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
  3. 2022-5-15

    熱海海上花火大会 旅行喚起策「しずおか元気旅」効果で県外から続々

    熱海湾で5月14日、今年度3度目の海上花火大会があり、午後8時20分〜40分に3000発を打…
  4. 2022-5-14

    熱海こがし祭り「山車コンクール」3年ぶりに開催 7月15、16日

    熱海市観光協会は5月13日、新型コロナウイルスの影響で2年連続で中止していた「熱海こがし祭り 山車コ…
ページ上部へ戻る