タカタ・フェスタで転倒、ゴスペルディレクターの後藤美幸さんが鼻骨骨折

5月12日に熱海市の渚親水公園レインボーデッキで開かれた「タカタ・フェスタ2018」(同実行委員会主催)で、ゴスペルディレクターの後藤美幸さん=写真=が鼻の骨を折るけがを負っていたことが分かった。会場設営中に音響ケーブル保護の鉄鋼につまずき、転倒したという。後日診断の結果、鼻骨骨折とむち打ち症が判明した。
同実行委員会が15日放送されたエフエム熱海湯河原「ぶっちゃけ熱海」(午後6時30分~)の中で明らかにした。後藤さんは、熱海市のゴスペルグループ「SoulWings(ソウルウイングス)」とともに予定通り、ステージを務めていた。
番組では茶田勉実行委員長の「事故後の対応や安全対策についていきとどかなかったこと、多くの関係者に心配をおかけしたことをこの場を借りてお詫びします。今後このようなことが起こらないよう、安全対策を徹底し、運営者としての意識を高めていく所存でございます。誠に申し訳ありませんでした」とのコメントを放送した。
(熱海ネット新聞)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る