鵜沢精一さんが本部艇を操縦 後輩の”海の王者”慶応など見守る

慶応大のOBでつくる熱海三田会の重鎮で大会参与の鵜沢精一伊豆小型船安全協会会長が、初島熱海団体競泳大会の本部艇を操縦し、慶応葉山(慶応大学水泳部)など参加チームのレースを見守った。母校は平成12年の第53回大会以来の優勝こそかなわなかったが、2時間48分38で5位入賞した。動画は熱海沖での補給シーン。さすが常連チームらしく瞬時で済まし、リスタートした。
大会では首位争いだけではなく、各チームがそれぞれの順位を競い、熱戦を展開。船上から選手を激励する声が熱海湾に響いた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



野田秀作審判長の講評 今年は30チーム中、28チームの完泳でしたが、4時間にわたり審判船に乗って皆様がゴールに向かって泳いでいる姿をみて勇気と元気をいただいた。このような感動は、一人ひとりが真剣に物事に取り組む姿勢から生まれてくるもの。来年も熱い熱海の夏を盛り上げて頂きたい。


■上位10チーム


優勝・伊東高校水泳部(静岡)



準優勝・八王子水泳愛好会(東京)


3位・海王(東京)


4位・YOUNG go! go!(東京)


5位・慶応葉山(神奈川)

6位・I-STORM(埼玉)


7位・静岡商業高校(静岡)


8位・さんぴんクラブ(千葉)


9位・mede鯛(神奈川)


10位・湘南ベルマーレ(神奈川)

■熱海と伊豆大島のチーム

熱海市水泳協会公認 シャトーSC宣伝部


敢闘賞・オーシマンズ(東京都大島町)

”応援賞”チームうみがめ(神奈川)

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-9-20

    台風が逸れ、ホッ! 熱海海上花火大会秋季シリーズ開幕 

    熱海海上花火大会の秋季シリーズ第1弾が9月19日、熱海湾であり、午後8時20分〜40分に30…
  2. 2022-9-14

    車に2度ひかれ、近所の女性死亡 熱海・長浜海岸の国道135号で

    9月13日午後4時ごろ、熱海市下多賀の海水浴場バス停(旧長浜海水浴場)近くの国道135号で、…
  3. 2022-9-14

    秋の訪れ 熱海梅園で真っ赤な彼岸花が見ごろ 今年も定刻通り

    熱海梅園で、秋の彼岸と時を同じくして鮮やかな赤い花をつける彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が…
  4. 2022-9-12

    落選の泉明寺氏「悔いはない」 今後の政治活動は「力を付けて再挑戦」

    9月11日午後10時半過ぎ、熱海市清水町の泉明寺みずほ氏(51)の事務所に「齋藤氏当選確実」…
ページ上部へ戻る