浴衣姿で熱海の魅力発信 初島航路の定期船でファッションショー


あたみ着物姿普及委員会は8月18日、熱海―初島を運航する富士急マリンリゾートの定期船イルドバカンス・プレミアで浴衣姿のファッションショーを開催した。
「あたみ着物まち歩き」の第3弾として行い、首都圏などから約60人が参加。往路はカモメと潮風を浴びながら熱海市街や初島の景観を楽しみ、復路の船内デッキでそれぞれの浴衣姿を競い、抽選で富士急マリンリゾートから伊勢海老などが贈られた。
参加者は同会がfbなどのSNSで募り、多くの人が浴衣のレンタルを利用。着付けは市内でスタイリストを営む辻谷朱美さんが熱海駅前浴場の2階を使ってサポートした。料金はレンタル料と着付けを合わせて2000円。同会の永田雅之代表は「着物姿を通して熱海のファンを増やすのが目的。通常のほぼ半額です。次回はあたみ桜が咲く2月頃に糸川遊歩道で開きたい」と話した。
この日は熱海まち歩きガイドの会の案内でJR熱海駅前から仲見世商店街、大湯間欠泉、お宮の松、ムーンテラスなどを歩き、観光客や市民に浴衣姿をアピール。熱海の魅力アップに一役買った。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■主催 あたみ着物姿普及委員会 協賛:あたみプランニング、スタジオしゃらく、きものや
動画‥DEF53114-BDF4-48C1-9A0B-BF8F142F6BEC










動画…67C90AB8-EA3F-4EEC-B918-93956B016506




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-8-23

    熱海海上花火大会に1万2千人、手荷物預かり場に長い列

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第5弾が8月22日夜、熱海湾であり、1万2千人(主催者発表)が…
  2. 2023-8-21

    被災地を照らす大輪の花火 伊豆山港で海上花火大会

    熱海市の伊豆山港で8月20日、伊豆山温泉海上花火大会が開催された。午後8時20分から35分ま…
  3. 2023-8-17

    お盆の夜焦がす網代温泉海上花火大会 去り行く夏惜しむ

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時30分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会主催)が開…
  4. 2023-8-17

    熱海市で「百八体流灯祭•送り火」長浜海岸に110基のかがり火

    熱海市のお盆の伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日夜、多賀地区の長浜海岸…
ページ上部へ戻る