誓欣院で大供養祭・お焚き上げ 無病息災を祈念、水子の霊を回向

熱海市上宿町の浄土宗法界山「誓欣院(せいごいん)」で9月24日、「水子供養 仏具・人形供養」と「大供養祭 お焚き上げ」があり、檀家や地域住民らが立ち上がる炎や煙に静かに手を合わせて無病息災を祈った。
水子供養では、長田明頼住職が一人ひとりの塔婆を書き入れ、水子地蔵尊の前で早世した水子の霊を供養した。あ焚き上げは境内に結界を張って行われ、高さ2メートルの護摩壇に点火。市内笹良ケ台の「月の台 成田山 快長院」の大川観暁住職(82)が真言を唱えて祈祷するなか、大川観弘副住職(72)と長田住職が塔婆(とうば)や仏壇、人形などを次々に投げ入れて回向した。大護摩祭は毎年、お彼岸に合わせ3月24日と9月24日に行われている。

両寺は、快長院の大川住職が誓欣院の長田順海先代住職(故人)の教師時代の教え子だったことから協力している。水子供養は熱海が花街として繁栄した歴史もあり、戦前から続いている。
(熱海ネット新聞・松本洋二)


快長院大川観暁住職


同大川観弘副住職


誓欣院長田明頼住職



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  2. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
  3. 2022-8-6

    2022年最大の熱海海上花火大会 「ドドーン」豪快響き、夜空彩る

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第2弾が8月5日、熱海湾を舞台に繰り広げられた。午後8時20分…
  4. 2022-8-5

    3年ぶりに開催、初島・熱海間団体競泳大会 優勝は神奈川県水泳連盟

    「第75回初島・熱海間団体競泳大会」(熱海市主催、同市体育協会主管)が8月4日、熱海湾で開か…
ページ上部へ戻る