【観光】あたみ桜をライトアップ開始、開花早く前倒し 23日から糸川桜まつり

例年より2週間早いペースで開花が進んでる糸川遊歩道のあたみ桜が見ごろを迎え、予定を早めて18日からライトアップが始まった。糸川沿いには河口から約300メートルの区間で両岸に54本の「市の木」あたみ桜が植えられ、ピンク色の花が照明で浮かびあがっている。ほとんどの木が5分咲きに近づき、あたみ桜・糸川桜まつりが開幕する23日には最高の見ごろを迎える。ライトアップは御成橋-渚橋間。時間は午後5時から11時。下弦の月も上面支援。

超トップ1  2 3 4

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  2. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
  3. 2022-8-6

    2022年最大の熱海海上花火大会 「ドドーン」豪快響き、夜空彩る

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第2弾が8月5日、熱海湾を舞台に繰り広げられた。午後8時20分…
  4. 2022-8-5

    3年ぶりに開催、初島・熱海間団体競泳大会 優勝は神奈川県水泳連盟

    「第75回初島・熱海間団体競泳大会」(熱海市主催、同市体育協会主管)が8月4日、熱海湾で開か…
ページ上部へ戻る