台風被害のホテル旅館支援 熱海市、割引クーポンを発行 断水施設は2千円

熱海市は12月2日、台風19号で断水などの被害を受けた市内のホテル旅館の誘客促進に2千円と500円の2種類の割引クーポンを発行すると発表した。熱海温泉ホテル旅館協同組合、伊豆山温泉旅館組合などの市内旅館組合加盟施設のうち、「楽天トラベル」と契約している施設が対象。500円は1500枚用意し、風評被害支援に市内全域の139施設。2千円は500枚で断水被害を受けた21施設(熱海温泉16、伊豆山温泉5)。12月16日チェックインから2020年2月29日チェックアウト分まで使用できる。費用約200万円は市が負担する。
既に楽天トラベルは熱海市の台風被害支援として3種類の宿泊割引クーポン(2千円、千円、500円)を発行しており、熱海市分と併用すれば、最大4千円の割引を受けることができる。
利用は、インターネットの旅行予約サイト「楽天トラベル」を通して行う。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  2. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
  3. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  4. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
ページ上部へ戻る