文化庁、MOA美術館を文化観光拠点に認定 美術館を拠点にした観光振興を支援

文化庁は11月18日、博物館や美術館、遺跡といった文化施設を拠点に地域への観光客増加を図る自治体や美術館などの計画15件を認定したと発表した。国宝「紅白梅図屏風」など国宝3点、 重要文化財67点を含む約3500点を所蔵する熱海市の MOA美術館(岡田茂吉美術文化財団)が認定され、市や観光、商工団体などと連携しながら同美術館を中核として観光振興を支援する。
その第一弾として、 同美術館では、紅葉ライトアップと熱海海上花火大会をセットにしたナイトミュージアム(12月6日)、元サッカー日本代表の中田英寿氏をゲストに迎えたトーク「工芸と食」(12月4日)、紅葉と国宝「紅白梅図屏風」の特別展示(12月4日〜12月13日)などを開催する。
計画認定は8月(10件)に続き2回目。5月に施行された文化観光推進法に基づき、国は経費の一部を補助する。

紅葉の名所としても知られる同美術館の「茶の庭」には、茶室「一白庵」「樵亭(しょうてい)」や「光琳(こうりん)屋敷」の周りに約60本のノムラモミジ、イロハモミジなどのカエデ類が植えられている。急激な秋の深まりで日ごとに赤や黄に色づき、ピークを迎える今月末から12月上旬には庭園を錦秋に染め上げる。11月28日、29日、12月4日、5日は開館時間を延長して紅葉のライトアップを行う。
(熱海ネット新聞)
紅葉の写真=11月18日撮影

https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/bunkakanko/pdf/92656701_01.pdf

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る