木星と土星大接近!「アド街」効果で熱海・滝知山展望台が脚光

木星と土星の大接近が12月21日夕、熱海市の絶景スポット「滝知山展望台」で観測された。同展望台は伊豆スカイラインの起点「熱海峠インターチェンジ」から約3キロにあり、熱海、駿河湾、富士山などを360度見渡せる。とりわけ駿河湾が茜色に染まる夕暮れ時の風景の人気が高い。
先日、情報バラエティー番組「出没!アド街ック天国・熱海編」(テレビ東京系)で熱海市民のイチオシ絶景ポイントと紹介され、首都圏ナンバーの自家用車で多くの人が駆けつけ、天体望遠鏡や望遠カメラの砲列ができた。オレンジ色の夕景 から夜景へ変わった午後6時前から、沼津市街を望む駿河湾上空に隣り合った木星と土星が見え始め、輪に囲まれた土星と、衛星を従えた木星を約1時間20分間に渡って観測したり、撮影したりした。
肉眼で並んで見えるほどの「大接近」は397年前の1623年以来。江戸幕府三代将軍・徳川家光が、家康が大湯の温泉で湯治した熱海に湯治御殿を造らせた前年で3代将軍に就いた年。これだけでもいかに特別の夜だったかが分かる。
木星と土星は約20年周期で近づき、次の接近は2040年10月31日だが、2つ惑星は太陽の周りを一周するのに必要な時間やコースが異なるため、今回のような接近にはならない。土星が木星に隠れて1つに見えるほどの大接近するのは60年後の2080年3月15日という。これを計算する天文学者に感服ー。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-26

    「ホタル」の夜間飛行始まる 熱海梅園でいくつもの光跡確認

    「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日〜12日)を前に5月26日夜、熱海梅園の園内を…
  2. 2022-5-25

    9月市長選 斎藤市長、出馬の明言避ける 百条委員会の結論待って断 

    熱海市の齋藤栄市長は5月24日、今年9月13日に4期目の任期を満了する熱海市長選(9月4日告示、11…
  3. 2022-5-25

    熱海梅園で梅の実を収穫800キロ、梅干しや梅まんじゅうに活用

    熱海梅園で5月23日〜25日、梅干しや梅まんじゅうに使う梅の実の収穫があった。園内には60品…
  4. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
ページ上部へ戻る