【市政】敬老大会の出席予定者は958人 市想定の僅か64%

熱海市がまとめた本年度敬老大会の最終出席予定者数は958人で、市の見込んだ1500人に大きく及ばず(想定の64%)、前年度大会の出席者数1010人を下回っている事が分かった。
 前年度5年ぶりに再開した敬老大会の出席者が伸び悩んだため、市は5月の町内会長連合会例会で説明、さらに7月には参加申込書を兼ねた開催通知を町内会を通じて全戸配布。『広報あたみ』8月号にも掲載していた。

 ◆敬老大会 10月2、3日に熱海後楽園ホテルで開催。対象は70歳以上の市民。参加費1人500円。地区ごとに開催日を割り振り、2日が泉、伊豆山、南熱海地区、3日が初島、熱海地区。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る