【市政】敬老大会の出席予定者は958人 市想定の僅か64%

熱海市がまとめた本年度敬老大会の最終出席予定者数は958人で、市の見込んだ1500人に大きく及ばず(想定の64%)、前年度大会の出席者数1010人を下回っている事が分かった。
 前年度5年ぶりに再開した敬老大会の出席者が伸び悩んだため、市は5月の町内会長連合会例会で説明、さらに7月には参加申込書を兼ねた開催通知を町内会を通じて全戸配布。『広報あたみ』8月号にも掲載していた。

 ◆敬老大会 10月2、3日に熱海後楽園ホテルで開催。対象は70歳以上の市民。参加費1人500円。地区ごとに開催日を割り振り、2日が泉、伊豆山、南熱海地区、3日が初島、熱海地区。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-4-19

    【編集室】チューリップが見頃、市民入場無料デー開催中/アカオガーデン

    熱海市のホテルニューアカオが運営する「アカオハーブ&ローズガーデン」(赤尾宣長社長)は、4月16…
  2. 2018-4-19

    【熱海の花】絶景を眺望 鮮やか、ツツジが満開/MOA美術館「水晶殿」

    熱海駅近くの高台にある桃山で白やピンク、赤などの色とりどりのツツジが見ごろを見迎えている。M…
  3. 2018-4-19

    伊豆半島「世界ジオパーク」認定、ジオリアで記念式典 知事、15市町の首長が参加

    静岡県と伊豆半島ジオパーク推進協議会は4月18日、伊豆市にある展示施設「ジオリア」で「世界ジオパーク…
  4. 2018-4-18

    世界から1156本の応募 レッドカーペットは救世会館/熱海国際映画祭

    熱海国際映画祭実行委員会は4月17日、熱海市役所で記者会見し、市内で初開催する同映画祭(6月28日~…
ページ上部へ戻る