【市政】敬老大会の出席予定者は958人 市想定の僅か64%

熱海市がまとめた本年度敬老大会の最終出席予定者数は958人で、市の見込んだ1500人に大きく及ばず(想定の64%)、前年度大会の出席者数1010人を下回っている事が分かった。
 前年度5年ぶりに再開した敬老大会の出席者が伸び悩んだため、市は5月の町内会長連合会例会で説明、さらに7月には参加申込書を兼ねた開催通知を町内会を通じて全戸配布。『広報あたみ』8月号にも掲載していた。

 ◆敬老大会 10月2、3日に熱海後楽園ホテルで開催。対象は70歳以上の市民。参加費1人500円。地区ごとに開催日を割り振り、2日が泉、伊豆山、南熱海地区、3日が初島、熱海地区。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-23

    【社寺】御神船「両宮丸」網代を勇壮に渡御、「ヤーヤー」の掛け声響き渡る

    熱海市網代の阿治古神社(杦嵜賢宮司)例大祭・御神幸行列が7月23日挙行され、…
  2. 2017-7-23

    【経済】「にっぽん丸」熱海港入港、 仙台から花火観賞クルーズ

    豪華客船「にっぽん丸」(久保滋弘船長、全長166・65メートル、2万2472トン)が…
  3. 2017-7-23

    【イベント】ミス熱海「梅娘」梅澤美咲さん、巡視艇「いずなみ」一日船長

    スパマリーナ熱海第3桟橋を会場に7月23日、「マリンフェスタ・アタミ2017…
  4. 2017-7-22

    【観光】ウォーターパーク営業開始、 熱海サンビーチで安全願い神事

    熱海市観光協会は7月22日、大型海上アスレチック「ウォーターパーク」…
ページ上部へ戻る