【市政】耐震診断の市負担は数千万円、改修工事負担は十数億円

 

 

熱海市の斉藤栄市長は17日、同日の市議会9月定例会一般質問で梅原一美氏(自民党熱海創政会)の質問に対し、耐震改修促進法改正を受けた耐震診断や耐震工事に対する市負担補助金額について「耐震診断に対する市負担分は2年間で数千万円規模。耐震工事に対する負担は数億円から十数億円」と答えた。

そのうえで、市長は耐震診断に伴う市の負担分については「2年間で一般会計から支出することは十分可能」としたものの、改修工事の負担分には「交付税や基金、一般財源で対応することはかなりの負担になる」と話した。

◆耐震改修促進法の改正 旅館ホテルなど不特定多数が利用する延べ床面積5千平方メートル以上の大規模建築物は、2015年末までに耐震診断を済ませることが義務付けられた。熱海市によると、市内の27対象施設のうちホテル・旅館などの宿泊施設が21軒、学校など公共施設が6軒。耐震診断の未実施施設はこのうち15軒(ホテル・旅館14軒、公共施設1軒)。

 

耐震

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

ページ上部へ戻る