日本古来の「香道」体験 そば処多賀

 熱海市上多賀の「そば処 多賀」で19日、香道の体験会が催された。

 普段、接する機会が少ない香道を楽しんでもらおうと、同店を経営する渡辺裕さんが企画。講師に市生涯学習人材バンク登録者で、江戸大名香道として知られる安藤家御家流の田賀月沙鶴(げっさかく、本名・明子)さんらを迎えた。

 田賀さんは香道の歴史や流派を説明した上で、「楽しんで―というのが基本」とその“流儀”について語った。続いて妹の西尾裕美子さんがお点前を披露。参加者は三つの香炉を順に手に取って香りを聞き、たかれた香が同じものかどうかを当てる遊びを楽しんだ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-3

    熱海市で新たに70歳男性がコロナ感染 12月に入り3日連続

    静岡県は12月3日、熱海市で新たに70歳代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。これで…
  2. 2020-12-3

    12月9、10日に市議会「一般質問」 コロナ禍の諸問題で論戦 質問全掲

    熱海市議会11月定例会は12月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と田中秀宝氏を…
  3. 2020-12-2

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 1人は県内陽性者の濃厚接触者

    静岡県は12月2日、熱海市で新たに2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1人は高齢者男…
  4. 2020-12-2

    コロナ対策に活用して 熱海市に消毒液寄贈 熱海南ロータリークラブ

    熱海南ロータリークラブの岸秀和会長と大舘節生幹事は12月2日、熱海市役所を訪れ、創立60周…
ページ上部へ戻る