熱海アートフェスティバル2013  人間国宝三人展-MOA美術館

MOA美術館では、「熱海アートフェスティバル2013」の第一弾として「人間国宝三人展」を開催中。日本の伝統工芸界を代表する重要無形文化財保持者(人間国宝)3人の作品33点を展示。出展者は、紬織(つむぎおり)の佐々木苑子さん、蒔絵(まきえ)の室瀬和美さん、竹工芸の藤沼昇さん。佐々木さんの「紬織着物『朝時雨』」「紬織絵絣着物『久方の空』」、室瀬さんの「蒔絵螺鈿(らでん)八稜箱『彩華』」「蒔絵丸筥(はこ)『百華』」、藤沼さんの「根曲竹盛籃(かご)」「さざなみ文盛籃『游心』」などが展示されている。

同展は10月2日まで。9月16日には「日本文化体験教室」を開く。

問い合わせと体験教室への参加申し込みはMOA美術館〈電0557(84)2511〉へ。

moaちらし

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の新技術開発財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始ま…
  2. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
  3. 2020-11-22

    「我慢の3連休」 紅葉色づく熱海梅園、第3波よそに観光客続々

    深まる秋、日本一遅い紅葉の名所・熱海梅園でも紅葉の色づきが進んでいる。新型コロナウイルスの…
  4. 2020-11-21

    前日発表の熱海市の陽性患者と一緒に勤務と食事、伊東市でコロナ感染者

    静岡県は11月21日、伊東市の高齢でない成人(県1118例目)が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る