【経済】バスクリン「日本の名湯 熱海」が販売開始

 熱海市各地区観光協会連絡協議会(代表・森田金清市観光協会長)と、入浴剤メーカーのバスクリンが共同企画・開発した薬用入浴剤「日本の名湯 熱海」の地域限定商品(「日本の名湯 熱海静岡」)の販売が17日から市内の旅館、ホテル、土産物店などで始まった。

湯色は透明の赤橙(だいだい)色。香りは爽やかな海と新鮮な果実と花をイメージしている。30グラム入り5包セットで、メーカー希望の小売り価格は630円。パッケージは熱海市在住の絵はがき作家さかいりえこさんがイラスト、グラフィックデザイナー小倉育恵さんがレイアウトを担当した。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

ページ上部へ戻る