【経済】バスクリン「日本の名湯 熱海」が販売開始

 熱海市各地区観光協会連絡協議会(代表・森田金清市観光協会長)と、入浴剤メーカーのバスクリンが共同企画・開発した薬用入浴剤「日本の名湯 熱海」の地域限定商品(「日本の名湯 熱海静岡」)の販売が17日から市内の旅館、ホテル、土産物店などで始まった。

湯色は透明の赤橙(だいだい)色。香りは爽やかな海と新鮮な果実と花をイメージしている。30グラム入り5包セットで、メーカー希望の小売り価格は630円。パッケージは熱海市在住の絵はがき作家さかいりえこさんがイラスト、グラフィックデザイナー小倉育恵さんがレイアウトを担当した。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

ページ上部へ戻る