【経済】バスクリン「日本の名湯 熱海」が販売開始

 熱海市各地区観光協会連絡協議会(代表・森田金清市観光協会長)と、入浴剤メーカーのバスクリンが共同企画・開発した薬用入浴剤「日本の名湯 熱海」の地域限定商品(「日本の名湯 熱海静岡」)の販売が17日から市内の旅館、ホテル、土産物店などで始まった。

湯色は透明の赤橙(だいだい)色。香りは爽やかな海と新鮮な果実と花をイメージしている。30グラム入り5包セットで、メーカー希望の小売り価格は630円。パッケージは熱海市在住の絵はがき作家さかいりえこさんがイラスト、グラフィックデザイナー小倉育恵さんがレイアウトを担当した。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-17

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 10歳代女性と未成年者

  2. 2021-1-17

    熱海梅園に閑古鳥 緊急事態宣言追加で観光客も車も姿消す 例年の1割以下

  3. 2021-1-17

    【お悔やみ】野田秀作さん(熱海市和田町)1月16日死去 56歳

  4. 2021-1-16

    楽天トラベル温泉宿泊客、熱海が全国1位 10〜20代の1人旅42%増

ページ上部へ戻る