家康も愛した熱海の湯 9日、バスクリンから衝撃デビュー

徳川家康が愛し、8代将軍の吉宗に至っては、江戸城に運ばせたという由緒ある熱海の湯がついに入浴剤になった。入浴剤大手のバスクリン(東京都港区)が、熱海市観光協会連絡会(森田金清代表)と共同企画・開発したもので、9日から「日本の名湯 熱海」として全国で発売する。

漢方薬の津村順天堂が徹が手掛けた 「日本の名湯」シリーズは30年の歴史を持ち、「熱海」は16番目。今回は、乳頭や嬉野など4湯とセットになった「日本の名湯 くつろぎ美人湯」(10包、税込み1050円)として満を持しての参戦。

 新作「熱海」は爽やかな海と新鮮な果実や花を組み合わせた香りを採用、湯色は海上花火を連想させる透明タイプの赤だいだい色。

 今月17日からは熱海限定品「日本の名湯 熱海」も売り出される。熱海在住のデザイナー、さかいりえこさんが観光客向けにデザインした5包みセット(630円)。市内の土産物店や旅館・ホテルで発売する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る