【ゴルフ】渡辺彩香が初優勝へ王手 首位に1打差の単独2位 富士通レディース

【富士通レディース】第2日(19日・千葉東急セブンハンドレッドC西=6635ヤード、パー72】

イ・ナリ(韓国)が67をマークし、通算6アンダーの138で首位に立った。4バーディ、1ボギーの69で回った熱海出身の渡辺彩香(20)=ユビテル=が1打差の単独2位につけた。さらに1打差の3位に17歳でアマチュアの高橋恵(長野・佐久長聖高)、酒井美紀ら4人が続き、初日首位の馬場ゆかりは通算3アンダーの7位に後退した。横峯さくらら4オーバーまでの59選手が決勝ラウンドに進出した。

 

前日の8位から首位と1打差の2位に浮上したのは、ツアールーキーの渡邉彩香。「アイアンが凄く良くなって来たんですけど、今週は無理をしないでグリーンのセンター狙いがテーマ。ロングパットの距離感も良く、安心してアイアンが打てました」と笑顔。昨日以上の強風が吹いた2日目だったが「距離も合っています」とショットのキレに陰りは無かった。この日は高校生のアマチュア選手2人とのラウンド。「プロの試合でアマチュア2人と回るのは初めてですし、自分が組で最年少というのも初めて。2人とも良いプレーだったので、私も負けられないと思いました」と2人の溌剌としたプレーに、自然と闘争心が生まれた。「今日は逆に2人に引っ張られる形で良いゴルフが出来ました。後半ボギーが出なかったし、私自身も成長していると思います」と自身も手応えを感じたラウンドだった。

先週、静岡県で行われた『スタンレーレディス』では「地元ですし、好きなコース」と上位フィニッシュを狙って挑んだものの、結果は予選落ち。「仕方ないと思いました。でもあれで思いっきり行こうと踏ん切りがつきました」と今週は270ヤードを誇るドライバーの平均飛距離を武器に、粘り強いゴルフを展開。「2日終わって1打差なので楽しみ。明日は緊張するとは思いますけど、スタートホールがパー5なので、ひと振りすれば大丈夫」と頼もしい言葉が帰ってきた。現在賞金ランキングは67位とシード権も気になる位置だが、この勢いなら“優勝”の2文字も遠くはない。

1打差の2位で最終日に挑む渡辺彩香

1打差の2位で最終日に挑む渡辺彩香

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-8-15

    ウォーターパークが連日満員 お盆休みで混雑/ 熱海サンビーチ

    お盆休みの8月15日、熱海サンビーチは海水浴を楽しむ家族連れやグループで賑わった。大型海…
  2. 2018-8-15

    お供え物を川に流さないで 送り火専用のゴミ箱を設置/熱海市

    あす8月16日は送り火。お盆は家に迎え入れた先祖の好きな食べ物やお供え物を、盆棚(精霊棚)に…
  3. 2018-8-15

    熱海市街が激しい渋滞 Uターンラッシュ、バブル期以来の混雑

    お盆休みを熱海をはじめ、伊豆半島の東海岸の行楽地や帰省先から戻る車で熱海市内の道路の上りが8月15日…
  4. 2018-8-15

    熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」

    熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ200…
ページ上部へ戻る