【ゴルフ】渡辺彩香が初優勝へ王手 首位に1打差の単独2位 富士通レディース

【富士通レディース】第2日(19日・千葉東急セブンハンドレッドC西=6635ヤード、パー72】

イ・ナリ(韓国)が67をマークし、通算6アンダーの138で首位に立った。4バーディ、1ボギーの69で回った熱海出身の渡辺彩香(20)=ユビテル=が1打差の単独2位につけた。さらに1打差の3位に17歳でアマチュアの高橋恵(長野・佐久長聖高)、酒井美紀ら4人が続き、初日首位の馬場ゆかりは通算3アンダーの7位に後退した。横峯さくらら4オーバーまでの59選手が決勝ラウンドに進出した。

 

前日の8位から首位と1打差の2位に浮上したのは、ツアールーキーの渡邉彩香。「アイアンが凄く良くなって来たんですけど、今週は無理をしないでグリーンのセンター狙いがテーマ。ロングパットの距離感も良く、安心してアイアンが打てました」と笑顔。昨日以上の強風が吹いた2日目だったが「距離も合っています」とショットのキレに陰りは無かった。この日は高校生のアマチュア選手2人とのラウンド。「プロの試合でアマチュア2人と回るのは初めてですし、自分が組で最年少というのも初めて。2人とも良いプレーだったので、私も負けられないと思いました」と2人の溌剌としたプレーに、自然と闘争心が生まれた。「今日は逆に2人に引っ張られる形で良いゴルフが出来ました。後半ボギーが出なかったし、私自身も成長していると思います」と自身も手応えを感じたラウンドだった。

先週、静岡県で行われた『スタンレーレディス』では「地元ですし、好きなコース」と上位フィニッシュを狙って挑んだものの、結果は予選落ち。「仕方ないと思いました。でもあれで思いっきり行こうと踏ん切りがつきました」と今週は270ヤードを誇るドライバーの平均飛距離を武器に、粘り強いゴルフを展開。「2日終わって1打差なので楽しみ。明日は緊張するとは思いますけど、スタートホールがパー5なので、ひと振りすれば大丈夫」と頼もしい言葉が帰ってきた。現在賞金ランキングは67位とシード権も気になる位置だが、この勢いなら“優勝”の2文字も遠くはない。

1打差の2位で最終日に挑む渡辺彩香

1打差の2位で最終日に挑む渡辺彩香

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  2. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
  3. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
  4. 2020-5-28

    熱海梅園でゲンジボタルの「夜間飛行」始まる いくつもの幻想的な光跡

    「ホタルの名所」熱海梅園で5月27日夜、ホタルたちが飛び交い始めた。園内を流れる初川支流の通称「ほ…
ページ上部へ戻る