【イベント】故池田満寿夫さん生誕80周年記念 佐藤陽子バイオリンコンサート

 

世界的な版画家で芥川賞作家の故池田満寿夫さんの生誕80周年を記念するヴァイオリン演奏会が23日、熱海市下多賀の池田満寿夫記念館で開かれた。
池田さんのパートナーで国際的なヴァイオリニスト佐藤陽子さんが「生きていれば今日80回目の誕生日を迎えるはずでした」としみじみと語り、女子フィギュアで金メダルを獲得したソトニコア選手がフリーの演技で使ったサンサーンスの「序奏とロンド・カプリチオーソ」やチャイコフスキー作曲の「なつかしき土地の思い出より、メロディア」などを演奏した。
ミニコンサートだったため、70人しか入場できなかったが、市内外から駆け付けたファンや市民は、開催中の「池田満寿夫FUJIYAMA(富士山)展」を通して故人を偲んだ。

池田さんと佐藤さんは1982年12月に熱海に移住。1986年12月に新たに取り組み始めた作陶の場として当地に工房を構え、満寿夫の「満」と陽子さんの「陽」をとって「満陽工房」と名付けた。大作「天女夢幻」をはじめ、陶を中心にブロンズ、書、版画などが展示されている。
(熱海ネット新聞)

◇池田満寿夫 1934年(昭和9年)2月23日、長野県生まれ。世界的な版画家で陶芸家。「エーゲ海に捧ぐ」で芥川賞受賞。多摩美大客員教授。1997年3月8日、熱海市の自宅で心不全で急逝。享年63歳。佐藤陽子さんとはオシドリ夫婦として知られる。

満寿夫夫妻

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  2. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
  3. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
  4. 2020-5-28

    熱海梅園でゲンジボタルの「夜間飛行」始まる いくつもの幻想的な光跡

    「ホタルの名所」熱海梅園で5月27日夜、ホタルたちが飛び交い始めた。園内を流れる初川支流の通称「ほ…
ページ上部へ戻る