【社会】秋晴れの熱海港で芋煮会 山形県人会が21年連続=動画=

熱海の県人会では最大規模を誇る熱海山形県人会(大友勇会長、会員45人)が10日昼、熱海港の「富士丸」横の広場で芋煮会を開催した。

今年で21回目を数える同会の恒例行事で、今回も山形から取り寄せたこんにゃくや里芋などの食材で作った郷土料理を囲み、楽しいひとときを過ごした。

大友勇会長は「今年も東京や神奈川、山形などからもこの日を楽しみにお出でいただいた。平成4年から1回も欠かさず続いている親睦会、これからも毎年続けていきたい」と挨拶、秋晴れにも恵まれ、会員やサポーターなど約60人が夕刻まで親交を深めていた。

2013-10-10 12.01.30

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-8-22

    【県民の日】MOA美術館でアート三昧、北斎「冨獄三十六景」&「光琳屋敷」

    8月21日は明治9年に当時の静岡県と浜松県が合併して今の静岡県になっ…
  2. 2017-8-21

    【観光】頼朝公の武運にあやかれ! 伊豆山温泉で「さざえ祭り」開幕 

    伊豆山温泉の夏の風物詩「さざえ祭り&花火大会」が8月21日始まり、最後の…
  3. 2017-8-21

    【観光】残り少ない夏休み満喫、3万5千人が夜空見上げる 人、ヒト、ひと

    夏季熱海海上花火大会の第6弾が8月20日、熱海湾であり、3万5千人の人出でにぎわった。熱海サンビ…
  4. 2017-8-20

    【編集室】来春から「DCキャンペーン」スタート、ガイドの養成も着々

    熱海市は8月19日、まち歩きガイド養成講座(全8回)の実地研修を行った。「熱…
ページ上部へ戻る