【社会】秋晴れの熱海港で芋煮会 山形県人会が21年連続=動画=

熱海の県人会では最大規模を誇る熱海山形県人会(大友勇会長、会員45人)が10日昼、熱海港の「富士丸」横の広場で芋煮会を開催した。

今年で21回目を数える同会の恒例行事で、今回も山形から取り寄せたこんにゃくや里芋などの食材で作った郷土料理を囲み、楽しいひとときを過ごした。

大友勇会長は「今年も東京や神奈川、山形などからもこの日を楽しみにお出でいただいた。平成4年から1回も欠かさず続いている親睦会、これからも毎年続けていきたい」と挨拶、秋晴れにも恵まれ、会員やサポーターなど約60人が夕刻まで親交を深めていた。

2013-10-10 12.01.30

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
  2. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  3. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
  4. 2021-1-22

    熱海市で高齢でない女性がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との接触/1月22日

    静岡県は1月22日、熱海市に住む高齢でない成人の女性(熱海市68例目、県4101例目)の新型コロナ…
ページ上部へ戻る