【ゴルフ】横峯さくらが逆転優勝 首位スタートの渡辺彩香は7位 伊藤園レディース

伊藤園レディース最終日(17日・千葉グレートアイランドC=6639ヤード、パー72)

初めて最終日最終組で首位スタートした熱海出身の渡辺彩香(20)=ユピテル=は2バーディ、2-ボギーの72とスコアを伸ばせず、7位に終わったが、来季のシード権を獲得した。1打差の4位で出た横峯さくら(27)が4バーディー、ノーボギーで回り、通算10アンダーで逆転優勝した。

今季4勝目、通算22勝目の横峯は賞金1620万円を獲得し、賞金ランクで森田理香子を抜いてトップに浮上。森田は6アンダーで10位だった。吉田弓美子が9アンダーで2位。2日目首位の佐伯三貴は崩れて3アンダーで14位に終わった。

彩香白

◇渡辺彩香の話 「アウトはチャンスを外してたけど一つ伸ばしてたので、後半ここからと思ってたけど、悔しいですね…。(同じ最終組の)志保さんは後半に伸ばしてたので、やっぱりそういう最後の勝負どころのプレーがまだまだだなと思いました。(今回の賞金でシード権は確定)それはすごいホッとしました。今週で確定させたいという気持ちで入ったので、まだ分からないけど安心してます。調子はいいので、また来週いい試合が出来ればと思います」

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

ページ上部へ戻る