【スポーツ】今夏に続いて来春も全国大会 熱海の小学生バレー「クローバーズ」

熱海市のジュニアバレーボールクラブ「クローバーズ」が28日、来年3月に和歌山市で開かれる全国スポーツ少年団バレーボール交流大会に出場することが分かった。クローバーズは24日に袋井市のエコパ・アリーナで開催された第42回「静岡県小学生バレーボール大会」兼「平成25年度静岡県スポーツ少年団バレーボール交流会」で全試合ストレート勝ちして優勝、出場切符をゲットした。

クローバーズは今夏、県代表として「全日本バレーボール小学生大会」に出場しており、創部31年目にして小学生バレーボールの“2大全国大会”に出場することになる。静岡県初の快挙。

◇三枝武司監督 「夏の大会が終わり選手たちのモチベーションが下がってしまい、精神面の立て直しが大変だった。優勝候補とされ、マークも厳しかったが、選手たちがよく重圧に耐え、伸び伸びプレーしてくれた」

◇全国スポーツ少年団バレーボール交流大会 3月27〜30日に和歌山ビッグホエールで開かれ、各都道府県から代表48チームが出場。

三枝監督

今夏の全国大会出場が決まった際の三枝監督

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-29

    国道135号線、26日ぶりに開通 神奈川県境と熱海市間 伊豆山土石流で

    今月3日に起きた熱海市伊豆山の土石流災害で神奈川県境と熱海市東海岸区間の一部が不通になった国道13…
  2. 2021-7-29

    Jリーガーが支援の輪 土石流被災の子供たちに応援リュックサック届く 

    土石流で大きな被害を受けた熱海市の伊豆山地区の子どもたちを元気づけようと、熱海市伊豆山の介護ケアタ…
  3. 2021-7-28

    熱海市で新たに高齢でない成人がコロナ感染 市152例目 感染が再拡大

    静岡県は7月28日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  4. 2021-7-28

    22人目の遺体は坂本光正さん、一昨年の「伊豆山神社厄年奉賛会」役員

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市は7月28日、前日に般若院の近くで見つかった遺体の身元が…
ページ上部へ戻る