【医療】橋本聖子参院議員らが奥熱海療院とMOA美術館を視察 自民党統合医療議連

自民党の統合医療推進議員連盟(会長・尾辻秀久、衆参約200人)の橋本聖子参院議員ら北海道選出議員8人が10日、伊豆の国市の奥熱海療院を視察した。「統合医療」とは、近代西洋医学にとどまらず、漢方、鍼灸、ヨーガなどの東洋医学の伝統医療を組み合わせる療法で、自然食や、芸術、園芸療法などを通してこころの癒しを治療に取り込んでいる同療院の運営を視察。療院内・MOA奥熱海クリニックの佐久間哲也院長から説明を受けた。

その後、一行は熱海市のMOA美術館を訪れ、芸術作品を鑑賞した後、自民党熱海創政会の熱海市議らと懇談した。

◇橋本聖子議員「メディカルツーリズの観点からも参考になった。一見医療とは関係ないように思える事が、実は医療に役に立つことが分かり、たくさんヒントをいただいた」

橋本聖子参院議員

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の新技術開発財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始ま…
  2. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
  3. 2020-11-22

    「我慢の3連休」 紅葉色づく熱海梅園、第3波よそに観光客続々

    深まる秋、日本一遅い紅葉の名所・熱海梅園でも紅葉の色づきが進んでいる。新型コロナウイルスの…
  4. 2020-11-21

    前日発表の熱海市の陽性患者と一緒に勤務と食事、伊東市でコロナ感染者

    静岡県は11月21日、伊東市の高齢でない成人(県1118例目)が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る