【地震】熱海、伊東沖の「西相模灘地震」の可能性浮上 震度7、津波11m 内閣府

政府の中央防災会議の作業部会は19日、熱海、伊東市沖が震源域の「西相模灘地震」(M7・3)の可能性を初めて指摘した。
西相模灘地震は熱海、伊東両市に震源域が近く、両市では震度7となる地域があり、熱海市では最大11mの津波が押し寄せるという。静岡県が6月に公表した第4次地震被害想定(相模トラフを震源域とする地震、最大10m)を上回るもので、熱海市では市内230カ所の海抜表示板を増設し、1カ所ある津波避難ビルの追加指定も検討する方針。
観光が基幹産業の熱海直撃の地震だけに津波対策、耐震補強、避難対策の見直しが急務となった。

関東大震災

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    鮮やか紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  2. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  3. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
  4. 2022-11-25

    紅葉色づく庭園 30日まで秋の一般公開 熱海・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月30日まで「秋の一般公開」(2…
ページ上部へ戻る