【地震】熱海、伊東沖の「西相模灘地震」の可能性浮上 震度7、津波11m 内閣府

政府の中央防災会議の作業部会は19日、熱海、伊東市沖が震源域の「西相模灘地震」(M7・3)の可能性を初めて指摘した。
西相模灘地震は熱海、伊東両市に震源域が近く、両市では震度7となる地域があり、熱海市では最大11mの津波が押し寄せるという。静岡県が6月に公表した第4次地震被害想定(相模トラフを震源域とする地震、最大10m)を上回るもので、熱海市では市内230カ所の海抜表示板を増設し、1カ所ある津波避難ビルの追加指定も検討する方針。
観光が基幹産業の熱海直撃の地震だけに津波対策、耐震補強、避難対策の見直しが急務となった。

関東大震災

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-8-1

    本格りんご飴専門店「Jewel Candy」熱海サンビーチ前にオープン

    熱海サンビーチ=7月31日 お祭りの屋台などでよく見かける、りんご飴の本格スイーツ専門店「J…
  2. 2021-8-1

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢でない成人と未成年者

    静岡県は7月31日、熱海市に住む高齢でない高齢でない成人と未成年者の計2人が新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-8-1

    倒壊家屋の捜索が9割方終了、自衛隊が撤収 今後は消防と県警で

    熱海市伊豆山の土石流災害で、行方不明者の捜索を支援してきた自衛隊災害派遣部隊の最後まで捜索を続けて…
  4. 2021-7-31

    熱海土石流災害 被災者対象 公営住宅などの入居受け付け開始

    熱海市で起きた大規模な土石流で、自宅が全半壊して住めなくなった人を対象に、熱海市と静岡県が用意した…
ページ上部へ戻る