【編集室】ただ今”ワンコ人口2600人”  犬の住みやすい街「熱海」

 

熱海市は11日までの3日間、市内17会場で狂犬病の予防注射を実施した。

同注射は、生後90日以上の飼い犬に、毎年1回義務付けられている。愛犬を登録(登録料3000円)すると市役所から愛犬カードが(手帳)が支給され、注射料は3400円。

市によると、現在およそ2600頭のワンちゃんが登録されているという。人口3万8808人の熱海市の世帯数は2万1358。ざっくり計算すると8軒に1匹飼っている計算。いや、知人や周囲の家族を見回すと、もっと多いのではないか。

今年度の熱海市の小学校の新入生は167人、同中学は206人。いかにワンコが多いかが分かる。

少子高齢化の反動なのか、これほどワンちゃんが多い街も珍しい。青い海と緑の山があり、四季を通じてカラフルな花が咲く熱海は、散歩コースに恵まれ、犬にもまた住みやすいという事なのだろう。

人口減少で悩むなら「犬の住みやすい街」を大々的にPRし、定住促進するのもいい。今般、市はランニング、ウオーキング愛好者を観光誘客につなげようと「熱海ランニングマップ」5000部を無料配布したが、市街には飼い主と一緒に飲食できる店もあり、「ワンちゃんお散歩ランニングマップ」製作も一考に値する。

(編集主幹・松本洋二)

 

リッツちゃん

 

めぐワンコ

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

離れの宿…ほのか 離れの宿…ほのか
渡辺耳鼻咽喉科

ピックアップ記事

  1. 2019-3-22

    芸妓見番前の「枝垂れ桜」も満開 芸妓衆往き交う熱海の名所

    初川を挟んで熱海芸妓見番歌舞練場の対岸に植えられた2本の枝垂れ桜が3月22日、満開を迎え、観光客の目…
  2. 2019-3-22

    今年最高の21・3度 大湯間欠泉前のソメイヨシノ、一気に満開

    東京都心をはじめ、全国で桜(ソメイヨシノ)の開花が発表される中、熱海市上宿町の大湯間欠泉前、…
  3. 2019-3-22

    熱海まち歩きガイドの会、10周年祝賀会 足跡と思い出つづり記念誌制作

    熱海市の観光地ボランティア団体「熱海まち歩きガイドの会」(疋田和歌子会長)は3月20日、銀座…
  4. 2019-3-21

    壮観、川口健後援会が総決起大会 南熱海の向こう三軒両隣、総出で応援

    熱海市議選に立候補を表明している現職・川口健氏(51、自民)の後援会は3月20日夜、…
ページ上部へ戻る