【編集室】ただ今”ワンコ人口2600人”  犬の住みやすい街「熱海」

 

熱海市は11日までの3日間、市内17会場で狂犬病の予防注射を実施した。

同注射は、生後90日以上の飼い犬に、毎年1回義務付けられている。愛犬を登録(登録料3000円)すると市役所から愛犬カードが(手帳)が支給され、注射料は3400円。

市によると、現在およそ2600頭のワンちゃんが登録されているという。人口3万8808人の熱海市の世帯数は2万1358。ざっくり計算すると8軒に1匹飼っている計算。いや、知人や周囲の家族を見回すと、もっと多いのではないか。

今年度の熱海市の小学校の新入生は167人、同中学は206人。いかにワンコが多いかが分かる。

少子高齢化の反動なのか、これほどワンちゃんが多い街も珍しい。青い海と緑の山があり、四季を通じてカラフルな花が咲く熱海は、散歩コースに恵まれ、犬にもまた住みやすいという事なのだろう。

人口減少で悩むなら「犬の住みやすい街」を大々的にPRし、定住促進するのもいい。今般、市はランニング、ウオーキング愛好者を観光誘客につなげようと「熱海ランニングマップ」5000部を無料配布したが、市街には飼い主と一緒に飲食できる店もあり、「ワンちゃんお散歩ランニングマップ」製作も一考に値する。

(編集主幹・松本洋二)

 

リッツちゃん

 

めぐワンコ

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-21

    1月22日から国宝「紅白梅図屏風」展 土日は熱海梅園との無料シャトルバス

    熱海市のMOA美術館で1月22日から3月9日まで名品展国宝 「紅白梅図屏風(びょうぶ)」展が開催さ…
  2. 2021-1-21

    曽我大橋の橋下付近で遺体発見 死後2カ月、性別、年齢は不明

    1月20日午前10時5分ごろ、熱海市熱海の曽我大橋の橋下付近で工事関係者が遺体を発見し、110番通…
  3. 2021-1-21

    糸川遊歩道のあたみ桜、1・36分咲きに 見頃が1本、5分咲きが3本

    熱海市は1月19日、糸川遊歩道と熱海梅園前市道のあたみ桜の開花状況(18日現在)を発表した。「あた…
  4. 2021-1-20

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢者と高齢でない成人/1月20日

    静岡県は1月20日、熱海市に住む高齢者と高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表し…
ページ上部へ戻る