【市政】複合施設の運営会社選定を最優先 旧岡本ホテル跡地利用

熱海市は12日、旧岡本ホテル跡地利用について、「公共施設の再編と民間機能を含む複合施設として整備していく」としたうえで「運営会社の選定を最優先させる」考えを明らかにした。
「建設、解体を含む全体の費用の約8割を占める管理・運営費のコスト縮減を図るため、従来型の建設、運営、運営主体というアプローチではなく、まず運営に責任を持たせる主体を決定し、次に運営者が無理なく運営でき、また利用者に提供したい価値を設定し、最後に、それを実現可能な施設の在り方を決定していくという、逆のアプローチで進めていく」という。
自民党熱海創政会・田中秀宝議員の一般質問に資産経営・公民連携プロジェクトチームの市川幹夫経営企画理事が答えた。

設計に入る前に市民アンケートの実施や意見交換会を開催し、市民参画の場を作っていくという。

田中議員

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-3-24

    伊豆多賀の春の風物詩、朝採り生ワカメ販売 今年は1カ月遅れで開催/わかめまつり

    熱海に春の訪れを告げる「わかめまつり」(実行委員会主催)が3月23日、長浜海浜公園・うみみえ…
  2. 2019-3-23

    テーマはグリーン、あす「海辺のあたみマルシェ」/熱海銀座通り商店街

    今年最初の「海辺のあたみマルシェ」(実行委員会主催)が3月24日、熱海銀座通り商店街を歩行者天国にし…
  3. 2019-3-23

    共産党の新人は小坂幸枝氏、東海岸町の女性は出馬せず/熱海市議選

    健康上の理由で今期で引退する共産党・井沢共一市議(67)に代わって、元小学校教諭の小坂幸枝氏(72)…
  4. 2019-3-22

    芸妓見番前の「枝垂れ桜」も満開 芸妓衆往き交う熱海の名所

    初川を挟んで熱海芸妓見番歌舞練場の対岸に植えられた2本の枝垂れ桜が3月22日、満開を迎え、観光客の目…
ページ上部へ戻る