【市政】消防本部職員5人が伊豆大島での救援活動に出発

熱海消防本部の職員5人が30日、台風26号で被災した伊豆大島(東京都大島町)で救援活動に参加するため、熱海港芝生広場から静岡県防災ヘリに乗り込み、伊豆大島に向かった。

静岡県緊急消防援助隊第5次派遣隊に加わった伊東市消防本部と入れ替わる形で6次派遣隊として静岡市消防本部の職員8人とともに被害の大きかった元町神達地区で行方不明者を捜索する。任務は3日間。

◆第6次派遣隊 隊長・中村治貴、副隊長・港義和、隊員・鈴木悠祐、西島俊、山田拓弥

消防

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  2. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
  3. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
  4. 2020-5-28

    熱海梅園でゲンジボタルの「夜間飛行」始まる いくつもの幻想的な光跡

    「ホタルの名所」熱海梅園で5月27日夜、ホタルたちが飛び交い始めた。園内を流れる初川支流の通称「ほ…
ページ上部へ戻る