【市政】新生熱海のシンボル 熱海市役所第一庁舎・新消防署が竣工式

市政施行記念日の10日、60年ぶりに建て替えた熱海市役所第一庁舎・新消防署の竣工式が庁舎前広場であった。

勝俣孝明衆院議員、橋本一美県議、市議、町内会連合会、市の観光経済界首脳、工事関係者ら約100人が出席。斉藤栄市長は、徳川三代将軍家光が建てた湯治のための熱海御殿から大正天皇の熱海御用邸、そして市役所へと受け継がれた土地の歴史に触れ、「熱海市制施行77周年を迎えた記念すべきこの日に、新庁舎の完成をみたことは喜びに耐えない。新庁舎は新生熱海のシンボル。すべてのみなさまに感謝を申し上げます」と述べた。

テープカット後、出席者による新庁舎見学が行われた。

午後からは市民内覧会も催され、市職員が同行して300人ほどを案内した。新消防署は14日から、第一庁舎は5月7日から業務を開始する。

(熱海ネット新聞)

 

 

◇新庁舎

総工費16億2226万円。延べ床面積5700平方m。鉄筋コンクリー4階建て。高さ15.5m。施工は、建設本体・大舘建設下田土建特定建設工事共同事業体、電気設備・山田電工社、機械設備・(株)三ツ星工業。

 

 

 

式客

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る