【市政】新生熱海のシンボル 熱海市役所第一庁舎・新消防署が竣工式

市政施行記念日の10日、60年ぶりに建て替えた熱海市役所第一庁舎・新消防署の竣工式が庁舎前広場であった。

勝俣孝明衆院議員、橋本一美県議、市議、町内会連合会、市の観光経済界首脳、工事関係者ら約100人が出席。斉藤栄市長は、徳川三代将軍家光が建てた湯治のための熱海御殿から大正天皇の熱海御用邸、そして市役所へと受け継がれた土地の歴史に触れ、「熱海市制施行77周年を迎えた記念すべきこの日に、新庁舎の完成をみたことは喜びに耐えない。新庁舎は新生熱海のシンボル。すべてのみなさまに感謝を申し上げます」と述べた。

テープカット後、出席者による新庁舎見学が行われた。

午後からは市民内覧会も催され、市職員が同行して300人ほどを案内した。新消防署は14日から、第一庁舎は5月7日から業務を開始する。

(熱海ネット新聞)

 

 

◇新庁舎

総工費16億2226万円。延べ床面積5700平方m。鉄筋コンクリー4階建て。高さ15.5m。施工は、建設本体・大舘建設下田土建特定建設工事共同事業体、電気設備・山田電工社、機械設備・(株)三ツ星工業。

 

 

 

式客

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-24

    森村誠一さん提唱の「熱海写真俳句撮詠物語」展 起雲閣で開催中

    写真俳句提唱者の森村誠一さんが名誉顧問を務める写真俳句団体「熱海写真俳句撮詠物語」(矢崎英夫代表)…
  2. 2020-10-24

    世界ポリオデー 熱海南ロータリークラブ、熱海駅で撲滅呼びかけ

    ポリオ(小児まひ)の根絶を目指す世界ポリオデーの10月24日、熱海南ロータリークラブ(岸秀…
  3. 2020-10-23

    熱海の奥座敷・小嵐町に温泉宿「SOKI ATAMI(そき あたみ)」開業

    小田急グループのUDS(東京都渋谷区)は10月22日、熱海市の奥座敷・小嵐町に11月1日開…
  4. 2020-10-22

    全国でも珍しい泊まれる国の登録文化財 旧井上馨公爵熱海邸 初の一般公開 

    熱海市教育委員会は10月22日、文化財所有者の協力で熱海市泉にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱…
ページ上部へ戻る