【文化】国宝「紅白梅図屏風」展がスタート 尾形光琳作 MOA美術館

 

熱海の春を告げる国宝「紅白梅図屏風」展示が、1月31日からMOA美術館で始まった。

日本美術の傑作とされる「紅白梅図屏風」は、江戸時代中期の画家、尾形光琳の最晩年期の一大傑作。

後世の絵画・工芸表現に多大な影響を与えた日本美術を代表する作品。

 

背景を省略し、梅の木と流水だけをクローズアップ。
白梅の樹の大部分を画面外にかくし、紅梅は画面一杯に描いて左右対照の妙をみせている。
中央に水流をおいて未広がりの微妙な曲面をつくり上げた構図は、光琳の独創。

 

「紅白梅図屏風」展示は毎年梅の咲く時期にあわせて展示される。3月12日まで。

 

紅白梅図ワイド

国宝「紅白梅図屏風」

 

◇他の国宝展示作品

京焼の大成者・野々村仁清作 国宝「色絵藤花文茶壺」、古筆名蹟の集大成 国宝 手鑑「翰墨城」も同時公開。

 

国宝 色絵藤花文茶壺  野々村仁清

国宝「色絵藤花文茶壺」

 

国宝 手鑑 翰墨城

国宝 手鑑「翰墨城」

 

 

【MOA美術館】
住所/熱海市桃山町26-2
電話/0557-84-2511
開館/9:30~16:30(入館は16:00迄)
休館/木曜日(祝日の場合開館)※2月は無休で開館します
入館料/大人1600円・大高生800円・中学生以下無料

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-21

    1月22日から国宝「紅白梅図屏風」展 土日は熱海梅園との無料シャトルバス

    熱海市のMOA美術館で1月22日から3月9日まで名品展国宝 「紅白梅図屏風(びょうぶ)」展が開催さ…
  2. 2021-1-21

    曽我大橋の橋下付近で遺体発見 死後2カ月、性別、年齢は不明

    1月20日午前10時5分ごろ、熱海市熱海の曽我大橋の橋下付近で工事関係者が遺体を発見し、110番通…
  3. 2021-1-21

    糸川遊歩道のあたみ桜、1・36分咲きに 見頃が1本、5分咲きが3本

    熱海市は1月19日、糸川遊歩道と熱海梅園前市道のあたみ桜の開花状況(18日現在)を発表した。「あた…
  4. 2021-1-20

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢者と高齢でない成人/1月20日

    静岡県は1月20日、熱海市に住む高齢者と高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表し…
ページ上部へ戻る