【文化】年に1度の「リサイクル本市」3500冊を市民に提供 熱海市図書館

 

 

熱海市立図書館は14日、同館4階の入口で毎年恒例の「リサイクル本市」をスタートさせた。

市民に図書館で利用されなくなったり、保存期限が過ぎた本や雑誌、英字新聞などを無償で提供するもので、約3500冊が並んだ。

持ち帰れるのは1人につき本10冊、雑誌4冊、英字新聞1束まで。小説、図鑑、各種専門誌などがあり、この日を楽しみにしてきた市民でにぎわった。

16日まで開催する。

 

本

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-1

    日本で唯一無二 紅白梅、あたみ桜と共演 熱海梅園もじまつり最終章

    「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で12月1日、380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレ…
  2. 2020-12-1

    熱海市消防職員を暴行の疑いで逮捕 交通トラブルで車のドア蹴る

    熱海署は11月30日、暴行の疑いで熱海市消防署の職員(48)を逮捕した。27日午後11時ごろ、市内…
  3. 2020-11-30

    熱海芸妓に公式マスコットキャラクター誕生! 愛称募集!

    熱海芸妓(げいぎ)の公式キャラクターデザインが誕生した。若い人たちや女性にも芸妓文化に親しみを持っ…
  4. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
ページ上部へ戻る