【文化】第38回棋聖戦が開幕 熱海後楽園ホテル

 

 

井山裕太棋聖(24)に山下敬吾九段(35)が挑む囲碁の第38期棋聖戦七番勝負の第5局が26日午前9時、熱海市の「熱海後楽園ホテル」で始まり、午後5時3分、山下九段が43手目を封じて1日目を終えた。

2日目の27日は午後2時から終局まで同ホテルタワー館3F愛鷹で「第5局大盤解説会」が開催される。
解説者は後藤俊牛9段、聞き手は知念かおり4段。入場料は1000円。
問合せは熱海囲碁協会(0557-85-1188)

◇棋聖戦 第4局で山下9段が勝ち、対戦成績は井上棋聖の3勝1敗。

 

第4戦解説

 

第4局の解説

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-19

    今夜、「ブラタモリ熱海編」アンコール放送 NHK総合で午後7時半から

    NHK総合で今夜(9月19日)午後7時30分から「ブラタモリ熱海編」(初回放送2016年1月16日…
  2. 2020-9-19

    熱海市の「A-biz」事業、新法人で業務継続 イドムとの契約は解除

    熱海市は、熱海市チャレンジ応援センター「A-biz(エービズ)」の運営を委託してきた「イドム」(静…
  3. 2020-9-19

    65歳以上の「お達者度」 県内の男性伸び率トップは熱海市 静岡県が公表  

    静岡県は65歳を過ぎて要介護度2以上にならず、健康に過ごせる期間を算出した2017年の「お達者度」…
  4. 2020-9-19

    秋の訪れ 真っ赤なヒガンバナ、今年も彼岸の入りに見頃 熱海梅園

    9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱…
ページ上部へ戻る