【文化】第38回棋聖戦が開幕 熱海後楽園ホテル

 

 

井山裕太棋聖(24)に山下敬吾九段(35)が挑む囲碁の第38期棋聖戦七番勝負の第5局が26日午前9時、熱海市の「熱海後楽園ホテル」で始まり、午後5時3分、山下九段が43手目を封じて1日目を終えた。

2日目の27日は午後2時から終局まで同ホテルタワー館3F愛鷹で「第5局大盤解説会」が開催される。
解説者は後藤俊牛9段、聞き手は知念かおり4段。入場料は1000円。
問合せは熱海囲碁協会(0557-85-1188)

◇棋聖戦 第4局で山下9段が勝ち、対戦成績は井上棋聖の3勝1敗。

 

第4戦解説

 

第4局の解説

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    ブルネイ代表のムハマド・イサ選手 競泳男子100メートル、予選1組2位

    熱海市のホストタウン相手国ブルネイ代表のムハマド・イサ選手(23)が7月24日の競泳男子100メー…
  2. 2021-7-24

    熱海土石流 新たに2人の遺体発見、死者21人に 身元は調査中 

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市と静岡県は7月24日、同日の捜索活動で2人の遺体を発見し…
  3. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は7月24日、熱海市に住む20代女性と高齢でない成人の2人が新型コロナウイルス感染を確認した…
  4. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 155番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
ページ上部へ戻る